有料老人ホーム入所時・病院入院時身元保証代行 緊急連絡先提供 死後事務委任契約 尊厳死宣言書作成支援など

入院時の身元保証人がいないなら

街の法律家<椿リーガルグループ>がサポートします。
子供がいない、残された人に迷惑をかけたくない…
そんな方はわたし達にご相談ください。
入院時、老人ホーム入所時の身元保証から死後事務まで。

 

一般社団法人椿リーガルグループ
【代表窓口】行政書士赤門法務事務所

受付時間 10:00~18:00
(火・水曜日はメール受付のみ)

まずはお気軽にご相談ください。

0120-222-173

新規の契約受付開始しました!

新型コロナウィルスのため新規での契約は停止していましたが、新規契約を再開しました。

コロナが収束していませんので、ズームやスカイプなどを積極的に取り入れていきます。

使い方が分からない場合は使い方をご案内いたしますので、お気軽にお問合せください。

身元保証人とは|身元保証人の役割

身元保証人の役割って?

入院・手術の際に身元保証人(身元引受人)が必要だと言われて戸惑っている人、知人から手術の際の身元保証人になってくれと頼まれて不安に思っている人もいると思います。

では、身元保証人とはどんな役割を果たさなければならないのでしょうか?

実は、身元保証人(身元引受人)という制度は、法律で定められた制度ではありません。

ですから、どこまでが身元保証人の役割であるかが不明なことも多いのですが、たとえばある病院の誓約書には下記のような記載があります。

 

「入院費用、それに伴う諸費用は本人及び身元保証人が責任をもって支払う」

「退院や転院を命ぜられた場合は身元保証人の責任において引き受ける」

 

身元保証人がサインする書類はこのような簡単な文面であることが多いのですが、文面が簡単だからと言って責任が軽いわけではありません。

 

まず入院・手術費用を本人が支払うことができない場合は、身元保証人が支払わなければなりません。

次に退院や転院の責任も負います。

このことは、もし万が一本人が亡くなった場合には、遺体を引き取る責任があるということも意味します。

万が一の際に責任を負うのですから、緊急時の連絡先としての役割も求められていることが分かります。

また本人が意思表明できないような場合に、医療処置や介護方針等に関しての判断を求められるケースもあります。

 

このように、身元保証人には重大な責任が負わされることが分かると思います。

知人に気軽に頼めるような内容でも、頼まれたからと言って気軽に引き受けられるような内容でもないのが入院・手術時の身元保証人なのです。

 

身元保証代行会社に依頼する場合の問題点

 

このように重い責任がある身元保証人ですので、家族以外に依頼することはなかなかできません。

そこで、家族や親族などに依頼できない方は、身元保証を代行してくれる会社に依頼することになるのですが、ここにも問題があります。

身元保証をめぐる問題点はトップページに詳しく書きましたのでご覧いただきたいのですが、簡単にまとめると…

 

 

①利用料金が高すぎる(ひとこえ100万円は当たり前?)

②不明瞭な料金が含まれている

③誰がサポートしてくれるか分からない

といった問題点が挙げられます。

そこで私たちはこのような問題点を踏まえて、「廉価」で「安心できる」新しい身元保証の仕組みをつくりました。

元気なうちに「遺言書」や「死後事務委任契約書」を準備しておいてもらい、いざというときは専門家が家族の代わりにサポートできるように準備をしておくシステムです。

 

コラム|身元保証人は必要か?

国は身元保証人がいないことを理由に入院を拒否してはいけないと通知を出しています。ですが実際は入院のときに身元保証人を求められることがほとんどです。とくに軽微とは言えない手術の場合は身元保証人を求められる可能性が高くなります。もしまったく連絡先もないような人が亡くなってしまったケースを考えると、病院側の対応も分かるような気がします。

「つばき安心パック」なら身元保証は無料です!

安心で、低額なサポートです。

身元保証代行に伴う問題点を洗い出し、検討した結果、事前に法律的な準備をしっかりしておいてもらえれば、身元保証自体は無料で提供できるのではないかという結論に至りました。

事前に準備しておいてもらいたい内容をまとめて「つばき安心パック」と名付けました。

トップページから順番に読みたい人はこちらをクリック

ネットワークをつくって将来に備えよう!! <年齢不問・年会費など一切なし>

無料メール会員募集!

すぐ近くに同じような境遇の顔見知りがいる、困ったことを相談しあえる、お互いに学び合うことができる、誰かが亡くなったときは共に悼む、そんなネットワークができたらいいと思いませんか?

そんなネットワークをつくることを目的にして、「つばき」は登録料等一切なしのメール会員を募集いたします。

登録時には住所や電話番号等の登録は不要ですので、お気軽に登録していただけます。

・安心して老後を過ごすために、あなたが今知りたい情報を代わりに集めてお知らせいたします。

・イベント(街歩き、食事会など)、勉強会など企画した場合にお知らせいたします。

 

※令和2年2月より募集を始めて多くの方に登録していただきました。まだまだ募集していますのでお気軽にどうぞ。

「つばき」に相談すれば安心ね!

 

 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら(相談は無料です)

受付時間:10:00~18:00(火曜・水曜日定休)
臨時対応可

トップページに戻る

お問合せはこちら

お問合せはお電話・メールにて受け付けております。
お気軽にお問合せください。
相談無料・個人情報厳守

0120-222-173

   対応エリア:東京、埼玉・神奈川一部

ごあいさつ

ひとりで不安を抱え込まないでください。たとえ近くに頼れる家族がいなくても、安心して暮らせるようにお手伝いをさせていただきます。

ブログ

椿代表のプログです。読めば肩の力が抜ける、肩ひじの張らないブログです。

出版・取材実績

共著

自由国民社

取材を受けました

姉妹サイト

椿リーガルグループの別サイトです。